ドッグフレンドリーでは愛犬との思い出を募集しています。

ドッグフレンドリーでは愛犬との思い出を募集しています。

お空のモモへ

飼い主 : モモ、ノアのお母ちゃん
愛 犬:濱口モモ


モモさん元気にしてるかなぁ~!
それともこの世に生まれ変わってきたかなぁ。

乳腺腫瘍摘出、抜歯手術。
次に小さいしこりみつかって初期がん避妊手術。
ヘルニアの手術とリハビリ。と3度大きい手術を乗り越えて頑張ったモモさん。リハビリも頑張って走れるようにまでなったのにこんなに早くにお空に旅立つなんて・・・。

まだたくさんお出かけもしたかったなぁ。
お留守番いつもありがとう!
ノアさんのお手本になってくれてありがとう!
みんな一緒にお散歩にも行けました。
番犬として最後まで家族を見守ってくれてありがとう!
ちゃんと自分の意思を伝えてくれてありがとう!
母ちゃん父ちゃんのとこにまたいつでも戻っておいで!

色んなことを教えてくれたモモさんに感謝します。

父ちゃん、母ちゃんより
(2021.07)

大切な家族

飼い主 : SoRaファミリー
愛 犬:SoRa

大切なSoRa
SoRaが家族になる前、ずっと不妊治療をしていました。

でも…残念ながら子供を授かることが出来なくて、治療を終了しました。
それからしばらく月日が経った頃、私たちはもう少しで5ヶ月になるSoRaと出逢い家族になりました。

初めてのワンコで、わからない事だらけ。
家族になった次の日から、長いお留守番も始まり、
心配で心配で毎日走ってお家に帰っていたのを、
今でも昨日の事のように覚えています(笑)

今年、SoRaは4歳になりました。
(2017.5.31生まれ)

まだ4年しか経ってないけど、SoRaからいっぱいのhappyをもらっています。
そんな中、SoRaに感謝したい事があります。

それは…ママになる事が出来なかったうちを、
“SoRaちゃんのママ”にしてくれたこと。
大切な我が子を育てる喜びを与えてくれたこと。
SoRa、うちはね、本当に嬉しかったんだよ。
本当にありがとうね。

SoRaはとっても優しくて、いい子に育ってくれてるね。
(犬見知り、人見知り、お家と車の中は強気でワンコラしちゃうけど…(笑))

だからね、うちもSoRaにとって、最高のママになれるように、
これからもSoRaを大切に育てていくし、
一緒にいれる全ての時間も大切にしていくことを約束するよ。

SoRaこれからも元気に楽しく過ごそうね!

SoRaを大好きなパパとママより
(2021.07)

名前の由来

飼い主 : 小川家
愛 犬:福丸

なぜ、シュナウザーなのに福丸なのか。
1年位前からワンちゃんを家にと我が家のお姉ちゃん。ふくまるに初めて出会った後にパパにプレゼンをしました。
①ちゃんと面倒みます。
②お出かけも我慢出来ます。
③クリスマスプレゼント、誕生日プレゼントはもう欲しがりません。
④自分の事はちゃんとやります。
などなど、、

それでもパパは渋ります。
パパも私もワンちゃんの寿命が短く、失ったときの悲しみはよく分かっているから。

その話をすると、お姉ちゃんは泣きながら
『ワンちゃんと暮らすと、すごくすごく幸せな気持ちになれるの。。お願いします。。』と。

パパと私、負けました。
そして、幸福な可愛い名前を考え福丸と名付けられました。
プレゼンの公約は全てウソでしたが、幸せな気持ちになれた事だけは本当でした。

(2021.06)

まだ僕は5年だけど産まれてからずっと一緒♡

飼い主 : yuji.nao.soa
愛 犬:latte(ラテ)


もうすぐ16歳になる愛毛latte。

パパ、ママがまだお付き合いしてる時に、
2人でお家に連れて帰ってから結婚して子供が産まれて、
ずーっと側で見守ってくれている大切な大切な家族♡

妊娠中の時から常にお腹の近くで寝たり、
お腹周りにいて監視をしてくれていて産まれてからは、
ずーっと子供の近くで、見守り続けて5年が経ちます。

今は2人目がお腹の中にいてて、
5年前を思い出させてくれる毎日。

最近、腎臓が悪くなり毎日自宅治療も始まり
点滴を頑張ってそれでも顔色変えず
子供の近くか私のお腹の横で見守ってくれるお顔を見ると愛おしくて愛おしくて、、、。

2人目も監視役してほしいし
これからもまだまだ長生きしてね♡

Big Love!!
(2021.05)

一緒に歩いて行こう

飼い主 : ときおとなな
愛 犬:サニー


私たちはこの子よりきっと生きるから、
もし、同じだけ生きられたらもっと一緒に出来たことを、
もっと過ごせた時間を、この子の歩く一生に贈ろう。

夫婦で誓い三年の年月が経ちます。
写真は変わらぬ思いで過ごす愛犬との日々の1枚です。

明るく天真爛漫。
勇気と努力をパワーに、何にでも挑戦するいつも一生懸命なサニー。
見守っているから一緒に歩いて走って行こうね!
(2021.05)

ずーっとずっと一緒だよ

飼い主名 :Ayumi
愛犬の名前:チェルシー

家族になって12年。
毎日どんどん愛しさが増すばかり。

パピー期の天真爛漫ガールは、面白くて可愛くてキュンキュンしていたけれど、
シニア期のおっとりガールの今は、もう言葉にならないくらいさらに可愛くてたまらない。
絆も深まり、かけがえのない存在。

いつも沢山の癒しと幸せをありがとう。

これからも良い犬生&人生を共に歩んでいこうね。

ずーっとずっと一緒だよ。
ずーっとすっと愛してるよ。
(2021.03)

ヘルニア麻痺から復活

飼い主名 :安藤ココちゃんママ
愛犬の名前:ココちゃん

ココちゃんが我が家に来たのは今から13年前の1月。
反抗期真っ只中の長男が高校受験で家の中がピリピリしていた時です。
ペットショップを何げなく見に行った時に、売れ残りのガリガリに痩せたスムースダックス。
その夜から我が家は一気に賑やかになりました。

最初のヘルニアは6歳の時でした。
それから毎年のようにヘルニアを発症して、昨年の下半身麻痺。
夜、仕事から帰るといつもなら飛んで来てくれるのに全く動かず、
抱き上げると私の腕に、噛みつきました。
辛かったんだよね、動かない下半身麻痺にパニックだったね。

絶対歩けるようになる、歩けるようにしてあげる。
毎日、リハビリ頑張ったね。
ココちゃんがこんなに頑張り屋さんだと知らなかったよ。
頑張るココちゃんから、逆に諦めない強い気持ちを教えてもらった。

あれから1年、元気に走り回るココちゃんがいます。
中学生だったお兄ちゃんも社会人になりたまにしか会えないけど、元気で頑張ってるよ。
まだまだ一緒に沢山楽しい思い出つくろうね。

(2021.03)

天真爛漫な末っ子

飼い主名 :ラテのママ
愛犬の名前:ラテ

ラテは私の人生で4匹目のわんこ
先住犬がいる我が家の2匹目として迎えました。

初めての多頭飼い。大丈夫かな?
お姉ちゃんわんこと仲良くできるかな?

心配をよそに明るくて天真爛漫なラテは
すぐに我が家のお笑い担当に。
ラテが来たころ「コロナ」ってウイルスが流行して
外出できなかったり不安な日々が続きました。

ラテにはそんな事は全然お構いなしで
先輩わんこについてなんでも真似したり
ゲージの中から変顔していたり
ちょっとドジで忘れっぽくて

ラテが居てくれたから
不安な日々もクスッと笑顔になれました。

いつもお姉ちゃん達が優先で
後回しにされがちなラテ

お姉ちゃんわんこが優しいのもあるけれど
ラテの明るい性格と天真爛漫さのおかげで
上手くいってるのかなとも思います。

お散歩が大好き
走るのが大好き
遊ぶのが大好き
水遊びが大好き

元気でおてんばなラテだけど
ほんとはとっても甘えん坊さん
そんなところも大好き

この先もずっと変わらず
無邪気でおとぼけなラテでいてね

(2021.03)

生涯で一番の宝物

飼い主名 :チックママ
愛犬の名前:チック

2011年3月11日。
仙台市で勤務中東日本大震災に遭いました。
自分の死を初めて意識しました。

それよりも仙南の自宅にいるチックの生死が気になりました。
JRや全ての交通手段はストップ。
車は大渋滞でタクシーもない。
仙台市内から6時間歩いて自宅まで帰りました。
地震が起きた14:45から、自宅に着いたのは22時過ぎでした。

真っ暗な家の中に入ると、ロウソクを持った祖母の隣には、
「ワンワン!」と元気に玄関に出迎えにきたチックが居ました。
良かった。
チックの上に何か落ちてきて怪我や最悪命の危険がないかそれだけが心配でした。

それから亡くなる一年半前に、
急に脊髄炎で全く起立出来なくなりましたが、
治療を頑張ってくれてまた歩けるようになりました。
たくさんたくさん頑張って奇跡を起こしてくれました。
チックに出逢えた事が、人生で一番の宝物です。
今すぐ逢いたいけど、虹の橋で待っていてね。

(2021.03)

幸せな記憶をありがとう

飼い主名 :kisara
愛犬の名前:ジュン

愛犬写真 ジュン

私が小学校3年生のころ、母と買い物に行った帰り道で、真っ白な犬に出会いました。
首輪はしておらず、白い毛は薄汚れていて、あばら骨が浮くほど痩せたその犬は、私たちの後をフラフラとついてきました。その日の夜大雨が降り、濡れてしまった犬を玄関に入れてあげることになってから、この犬は家族の一員となりました。
名前は、純白の「純」と、6月(June)に出会ったことから、ジュンと名付けました。
それから十数年がたち、大学生になって離れて暮らしていた私は、頻繁に実家に帰ることができず、ジュンが亡くなるとき一緒にいてあげることができませんでした。
最期を看取れなかった後悔と共に、大きな幸せをくれたジュンのことを、今でも時々思い出します。
真っ白いジュンちゃん、大人しくて優しかったジュンちゃん。
横座りをするように足を崩して、くっついて撫でられるのが好きでした。
幸せな記憶をありがとう。出会ってくれて、ありがとう。

(2020.06)