ドッグフレンドリーでは愛犬との思い出を募集しています。

ドッグフレンドリーでは愛犬との思い出を募集しています。

【頭のいい子】

お客様のお名前 : チャチャチャたろ

愛犬のお名前 : 茶太郎

愛犬写真 茶太郎

 

初めて犬を飼った。

それが茶太郎。

コーギーでした。

私が美術短大生の時、

ある先生の講義で「動物たちに優しい建物を考える」という授業で、

その先生が飼い犬のコーギーを連れてきていて、私はコーギーに一目惚れ。

短い足に、まんまるお尻に長い胴、歩き方は、プリプリ!

私は親におねだりしてコーギ―を買ってもらいました!

 

ただ、頭が良過ぎて、大変な子だったんです。

 

人の行動の3手先を読むというか、

「こうされたら、嫌だから、先にやらせないようにしよう」と飼い主の私たちに本気で牙を剥く、

そんな日もあれば、

「こうしてくれるかも」と嬉しい事を想像して、妙に可愛い行動を取ったり、

すっと、ハウスに入り静かにしたり、

本当、ツンデレというか、頭のいい子だったんです。

 

だから、私が結婚して家を出るとき、

結婚式前日はすごく仲良しだった私に、

結婚式当日、何とも冷たい目!そして、唸ってくる!

当たり前ですよね…

私がおねだりして飼った犬なのに、置いて私が家を出ちゃうんですからね!

 

それからは、旦那さんと一緒に実家に帰るとまた、キレる!

そんな感じが続いてしまいました。

 

でも、長女が出来たら、茶太郎は長女には一度もキレることなく、優しくしてくれたんです。

本当、頭のいい子です。

 

やっと、また仲良くなりつつあったそんな時、

肺癌が見つかり、茶太郎は3ヶ月で天国に逝ってしまいました。

 

その間、苦しくて苦しくて、動くのも大変だったのに、

母親に迷惑をかけないようにと

トイレは自力で玄関の外に出て、用を済ませて帰ってくる、

ご飯も自力で食べる、

本当に最後の最後の日まですべて、

自分の事は自分でという茶太郎でした。

 

茶太郎が息を引き取る時に私は傍にいてあげることができなくて、

電話越しに何度も声をかけ、

茶太郎に

「ありがとう!ごめんね!」

と呼びかけました。

 

本当、茶太郎は大変な事の多い子だったけど、

かわいい大好きな弟でした。

 

今は、天国で楽しい第二の人生、送ってるかな?

 

今、実家には新しいコーギーがいます。

今度は、のほほーんとした、茶太郎と違う性格の子です。

でも、茶太郎のお名前を、しっかり継いで

茶ノ介と付けました!

 

初めての犬を飼うという経験で、茶太郎にはいろいろ教えてもらったと感謝してます。

 

ありがとう!

またいつか天国で逢おうね。