ドッグフレンドリーでは愛犬との思い出を募集しています。

ドッグフレンドリーでは愛犬との思い出を募集しています。

ひとつの山を一緒に超えて

飼い主名:奏希ママ 様

愛犬の名前:奏

愛犬写真 奏

11年前の5月、ペットショップの小さな窓の中で私達が前を通ると追いかけて前足でトントンと呼んでいた奏。

小さな顔に大きなタンが印象的だったなぁ。それから5年。

私の仕事が忙しくて散歩も十分に出来なかった。そんな毎日の中奏の気持ちも体も悲鳴をあげていた。

膀胱炎、膵炎、関節炎をつぎつぎ患ってしまった。

命に関わる病気ではないと先生に言っていただいても毎日腫れた足を見ると辛くてたまらなかった。

仕事は休めないから動けない奏を一人おいていく毎日。

2ヶ月弱毎日の通院から段々日をあけていけるようになってきた。

そんな通院の日、なかなか不安が拭えない私は奏の前で大きな溜息をついてしまった。そんな私を膝に座ってた奏はじっと見つめて手をペロペロなめ始めた。「母ちゃん,もう平気だよ!しんどくないよ」って言ってる気がした。

その日の検査結果は炎症数値も平常値に戻ってた。

元気に何事もなく穏やかな毎日がいいに決まってる。

だけど上手くいかない時もある。私と奏はひとつの山を一緒に超えてお互い欠かせない存在になれたのかなって。

あれから6年。体調も良い日も悪い日もあるけど奏がたくさんご飯を食べて、走って、優しい顔で寝てる姿をみることが1番の幸せ。

どんなことがあっても前向きに楽しく一緒に歳を重ねたい!奏、よろしくね。