ドッグフレンドリーでは愛犬との思い出を募集しています。

ドッグフレンドリーでは愛犬との思い出を募集しています。

ひとめぼれだったアラン

飼い主名:ペット美容室Alain 永野様

愛犬の名前:アラン

愛犬写真 アラン

友人にブリーダーを紹介していただき、ひとめぼれでアランを選びました。

ワンコを飼うのは初めてで、獣医さんや、ワンコを飼っている飼い主友達に教えていただきながらでしたが、毎日が充実していました。

シニアになってからは、心臓病を患ったり、認知症の介護も、言葉では言い表せないほど大変なものでしたが、16年9か月、とってもとっても大切な時間を、共に過ごせました。

永眠後は、ペットロスになったほど。現在でも、写真は何とか見れるようになったものの、ビデオは未だに見れません。

私は、動物病院で看護師兼トリマーとして10年勤務後、トリミングサロンを開業いたしましたが、看護師、トリマーの存在を知るきっかけになったのもアランですし、自らその職を選び、今に至るのも、アランの存在があったからこそ。

アランと暮らすことで、生き物を飼うことは、愛でる楽しさだけでなく、飼い主としてどうあるべきか、どうすべきか、その責任と義務を自覚し、行動することが、何よりも大切であるということを学びました。

また、その経験を、仕事の中で、患者さんで、そして現在はお客様と共感したり、お伝えすることで、生かされております。