ドッグフレンドリーでは愛犬との思い出を募集しています。

ドッグフレンドリーでは愛犬との思い出を募集しています。

トレーニング犬から、大切な家族へ

飼い主名:ヌーノクラブ広報担当 ちせ

愛犬の名前:こはる

愛犬写真 こはる

私の家は元々犬好きで、父も母も犬を飼ったことがありました。

かつてはラブラドールレトリーバーの男の子、ミニチュアピンシャーの男の子、柴犬の女の子を飼ったことがあります。その子たちが居なくなってから、私の専門学校にトレーニング犬として居たこはるを引き取りました。

 

私は一年生の時にこはるの担当者になり、毎日彼女のトレーニングとお世話をしました。犬を飼ったことはあっても、ちゃんとしたトレーニングをしたことがなかった私に、こはるはその大変さと大切さを教えてくれました。

合宿やオープンキャンパス、もちろん普段の授業でもずっと傍にいたこはる。二年生に上がる前に、それぞれの担当犬を引き取る話が出た時に、私は真っ先に親にお願いしに行ったのを鮮明に覚えています。

毎日毎日こはるの引き取りの話をして、ようやく快諾してくれたときは飛び上がるほどにうれしかったです。

学校犬時代では、写真を撮っても無表情なことが多かったこはるも、最近の写真では笑顔が多くなりました。学校犬時代ではきりりとしていましたが、もうすっかり気が抜けてしまって、のほほんとしています(笑)

専門学校時代にこはると共に学んだことが経験となり、ヌーノクラブでペットホテルのスタッフとして働いています。自分の愛犬を扱うように、お客様の大切なご家族をお世話するよう心掛けています。

こはる写真2

のんびり屋さんのこはると、これからも大切な時間をともに過ごしていきたいと思っています。