ロイチャールズの物語

飼い主名 :moon&Roy
愛犬の名前:ロイ.チャールズ


ロイチャールズ男の子
1999年1月10日
池田市生まれ

2019年4月25日
ロイ君を神様のところへお返ししました。

阪神大震災の後少しずつ落ち着いた時、犬が大好きだった父が他界。

家族で話し合い、ロイ君との出会いがありました。
5匹の姉弟のなかで一番に、私たちに笑ってくれた子。
7才でヘルニア発症、リハビリを頑張る強い子。

子ども達の多感な時期も一緒に見つめてくれた優しい子。
ヘルニア発症後は体を触られることを嫌がり噛むこともあったね。
でも分かってたよ。

痛むヘルニアとの戦い、できる限りの治療をとかあしゃんも必死だったことを分かってくれてたね。

やがてシニアになって足を引きずりながら歩いて行くことも、少しずつ不自由さが増えて、夜鳴きも出始めて、ごはんの好き嫌いもあったね。

お友だちから送って貰った糀の甘酒に助けられ、晩年は穏やかな日々を送れてたかな。

ロイ君家族になってくれてありがとう。

やがてそちらへ行く時まで、思い出はずっとかあしゃんの宝物で持っておくね。
20才3ヶ月まで私たち家族に沢山の思い出と勇気と優しさと愛を与えてくれたロイ君、ありがとう。
平成最後の桜を一緒に見ようねと約束したよね。
ねえねに抱っこで一緒に見れて本当に良かったね。
やがてあなたのいない初めての冬、クリスマスがきます。
2019年12月
ロイ君へ思い出をありがとう。

(2019.12)