ドッグフレンドリーでは愛犬との思い出を募集しています。

ドッグフレンドリーでは愛犬との思い出を募集しています。

偶然か必然か!?な出会いでした

飼い主名:hisa 様

愛犬の名前:happy

愛犬写真 happy

うちの1代目ハッピー。

不思議な縁のあった、飼うことになった経緯をご紹介させてください。

私と妹はどうしても犬が飼いたくて、お散歩をする人を見ては

「飼いたい、ちゃんとお世話するから」と両親にねだっていました。

「hisaが中学に上がってお世話ができそうなら、考えよう」と父。

後でわかったことですが、実は父はあまり犬が好きではなかったらしいです。

その数ヶ月後家族で富士急サファリパークに遊びに行った時のこと。

羊飼いの犬として、羊エリアに多数いたオールドイングリッシュシープドッグという犬種。

犬の中で一番脳が大きいらしく、頭脳明晰、とてもおとなしい様子を見て、父が一言。

「この犬種ならすぐに飼ってもいいなぁ〜」(内心、珍しい犬種なのですぐには見つからないと思って言った一言。)

ところが、数日後、なんと地元のペットショップに現れたhappy。

「すぐにでも飼っていいって言ったよね!?」

その日、すぐに連れて帰り、家族となりました。

本当に頭の良い子で、私が鍵を忘れて窓から入ろうとすると

鍵を開けてくれたり。(!)

言葉もほとんど理解していたと思います。

犬も連れて行けるホテルに泊まりに行ったり、毎日のお散歩もとても楽しい思い出ばかり。

ただ、小さい頃から体が弱く、まだ9歳という若さでお星様に。

身近な家族が亡くなったのは初めてで、泣き崩れるという経験を初めてしました。

別れはとても辛いけれど、息子を育てる親となった今はいつか飼ってあげたいなと。

ワンちゃんを通して生き物の命の尊さや、心を通わせることの幸せさを学んで欲しいなと思っています。

ハッピー、うちに来てくれてありがとう。

またどこかで会おう!

IMG_4244