ドッグフレンドリーでは愛犬との思い出を募集しています。

ドッグフレンドリーでは愛犬との思い出を募集しています。

在宅介護の疲れを癒してくれました

飼い主名:おはな 様

愛犬の名前:小太郎

愛犬写真 小太郎

同居する認知症の義母の介護を、4年間していた時の事。
私は仕事をしていたので、義母のディサービスのお迎えが来るまでとても忙しく、トイレに行くときや2階に洗濯物を干しに上がる時は、小太郎の出番です。
「小太郎、おばあさんと一緒に待っててね」と声を掛けると、

私が戻って来るまで、義母の傍らに座ってじっと待っています。
一時も目を離せない認知症の症状でしたので、小太郎のお陰で、

義母は興奮することなく、機嫌を損ねることなく、落ち着いて待てます。
ディサービスで、義母の話題は小太郎のことばかり。

寝たきりになって施設に入っても、主人や私のことはわからなくなっても、

最後まで小太郎のことを覚えていた義母です。
でも在宅介護で疲れはてた私が一番小太郎に助けて貰って、癒されていたのだと、思い出すたび感謝の気持ちです。
今年10歳。
これからも元気で、我が家の真ん中で笑っていてね小太郎。