苦手だったはずなのに、なくてはならない存在に。

飼い主名:ゴマとまきちゃん 様

愛犬の名前:ゴマ

犬が苦手な私が、こんなにワンコを好きになったのは、紛れもなくゴマ(黒パグ)のおかげ。

初めは、近づけなくて噛まれるんじゃないかと怖かった。

でもね、ゴマは噛むどころか手を口に近づけても舐めるだけ。

「え?!犬って噛むんじゃないの?!かわいいじゃん!」って。

ゴマのパートナーは、私のパートナーにもなって。だからゴマに出会えたんだよね。

ゴマはその時は5歳だった。3年が過ぎ、ゴマは癌に蝕まれていっていたね。

気づいたのは私。あんなに犬嫌いが、その時にはもうなくてはならない存在になっていたのに、、。

いなくなるなんてね、、。

ゴマと会えて、それまで以上に命の大切さや、人との繋がりを感じる。

パグが居ない今でも、みんな仲良くしてくれて「犬友」では収まらない関係になりました。

これは、ゴマがいい子だったから。そう思います。
今はゴマと一年だけ過ごしたペキニーズのココと一緒にさみしいけれど、楽しく過ごせています。
ゴマ、また会おうね。